子供がいる故の悩み(引越し関係のこと)

マンションに越してきてすぐの事でした。

うちには当時、幼稚園の子供が2人いました。

騒がしい時期です。

バタバタ走り回ったりします。

そんな時にすぐに管理会社を通して苦情がきました。

物音がうるさいと。

その時は、子供もしたいようにやらせていたので、うるさかっただろうなと、わたしも申し訳なく思い、そこから気をつけるようになりました。

マンション

少しでも走ると注意し、なるべく音を出さないように神経を使いました。
日中はなるべく外で遊ばせ、家の中にいる時は、静かに過ごさせるように、口うるさく注意しました。

ですが、そんなに注意して過ごしていて、もう苦情がくるような音など出さず子供たちにも我慢させて生活しているのに、また物音がうるさいや、テレビの音がうるさい、ゲームの音がうるさい、話し声がうるさいなど言われてきました。

下の人は普段テレビもつけないところのようで、同年代の子供ももってありますが、小学校お受験されるようなところで、ちょうど、お受験に失敗されたところだったみたいで、特に神経質なかたでこちらも精神的にまいりました。

家の中ではほんとに神経を使って、大きな物音を出さないように気をつけました。

子供たちにも口うるさく注意し、日中は外で遊ばせ、家ではご飯を食べてお風呂に入って、テレビを見て寝るくらいで、バタバタ走り回る様なことはさせないように、普通の子供の生活なら、もっと許せるような行動でも、子供たちには我慢させて、言われないように神経使いました。

喧嘩などで大きな声を出す時は、窓を締めたり、夜はテレビの音量を小さくするなど、こちらがノイローゼになりそうなほどに、神経使いました。

その方に外で会ったときは、すいません、いつもうるさくてご迷惑をおかけしまして、と、声を丁寧にかけて過ごしていたら、苦情も言ってこられなくなりました。

騒音問題をスマートに解決させるコツ

騒音については、1年程前です。

夜中の2時頃から音楽が大音量で流れており、かなりの期間続いたのでストレスにもなり言葉掛けを行いました。

更に、そのお家はカップルで住んでいたようで、夜中、朝方の大喧嘩も頻繁でした。

女性が大声で奇声を上げ、大音量の足音で家中を歩いているのでしょう。

うるさかったです。

隣人は、神経質な方なのか、家での会話、会話の中での笑い声がうるさいようで壁を叩く行為が今でも続いています。

こちらも気にしてはいますが、自分のお家なのにコソコソとしか会話が出来ない事にストレスを感じています。

一人暮らしの隣人にとってはこちらのうるささが迷惑なのかとも思いますのでどれが本当の正解なのか・・・と考えてしまいます。

家の壁が薄いというのも気になりますが、その中でどのように過ごしていくべきなのか改めて考える必要があると感じます。

 

 

騒音対策でおこなったこと

騒音

うるさくて我慢が出来なかった際には、直接言いに行きました。

1度言うと音楽等の騒音はなくなったように感じます。

ケンカはしかたないと言えばしかたないのでこちらが我慢していました。

今は別れてしまったようで女性の姿を見ていません。

騒音については、隣人からすると私たちが悪いようなのでうるさくしないように気にしてはいますが、こちらも彼氏と同棲をしていますので、会話が盛り上がってしまうときももちろんあります。

時間を考えて、会話等を楽しんでいます。

(11時くらいからはコソコソとお話しています。)

我慢出来なくなったら、一軒家等に引っ越しすればいいかな、と考えてはいますがなかなかうまくはいかない世の中です・・・。

引越し先に向かない地域の特徴・まとめ

 

6月に引越しを予定していますが、小さな子どもがいるので、子どもを安全に外で遊ばせることのできる場所がないところは住みたくありません。その意味で治安が悪いところ、空気が悪いところ、工業地帯が近いところは住みたくない条件にあがります。

子どもの教育も考えると公立の小学校の学力レベルが低いところや児童数が極端に多い、少ないところも避けたいところです。

車の運転ができないので、公共交通機関の便が悪い、自家用車の保有がほぼマスト、というような地域にも住みたくないです。

 

住みたくない街は、とにかく工場などからの煙で匂いがきついところです。変な匂いで洗濯物が台無しになってしまいます。

オートレースなどの音も耐え難いです。

無音の電気バイクでレースしていただきたいと切に願います。

24時間自動車の音が絶えない、高速道路の近所や、ストップアンドゴーの多い交差点地獄の街や、改造自動車が集会する(ドリフト族)などの練習道路がある地域も住みたくありません。

公害全体がいや。

車の多いところや、スラム街風な街もいや。

どんなに安くても即再引越し対象です。

住みたくない地域について

高齢の人が多い現代ですが、お年寄りの住んでいる地域に焦点を当ててみると、周りが山に囲まれていて、生活必需品を購入しにいくにもかなり距離がある場所に住んでいる方もいらっしゃるようです。私が住むとしたら、病院やスーパーなどが自分で行くことができる範囲にないというのはとても心配です。

高齢になれば、自分で車を運転することも難しくなってくると思うので、バスや電車など公共交通機関が充実していることも大切なことだと思います。