初めての6月引越し

人生初の引っ越しは6月でした。

料金は随分安くなったなーという印象。

6月はあまりお客さんが多くないようなので難関な交渉をしなくても安くなりますよ。

当日の感想ですが、【効率性】はとても良かったです。

しかし【イメージと違う】でした。

よくCMやTVドラマで見る爽やかさだったり、丁寧さが伝わってきませんでした。

引越し

入籍前の引っ越し、初めてのマンション住まい、初めての土地…私の勝手ですが、不安と希望、やる気に溢れていました。

そのギャップもあってか、引っ越し業者さん2人の態度が気になりました。

若手とベテランが黙々と、笑顔一つ見せず、こちらと目線も合わせてくれません。

慣れているからでしょうか、作業員通しの声掛けなどのコミュニケーションもほとんどありません。

作業が済むとベテランが「これで全部ですね」と軽い会釈をして、ササッとトラックに乗り、帰っていかれました。

仕事は【正確】です。

でも、私には何か欠けているように感じました。

再度、引越しをする予定ですが、住みたくない土地は騒音がする場所は嫌です。

住む場所によっては騒音タイプも違いますが、1番苦手なのが勝手に敷地に入り騒いだり、道路でスケボーやボール等で遊ぶ子供達です。

子供達は嫌いではないですが住むならやはり心が落ち着く場所が好ましいです。

静かだと思い引っ越した先がこれではガッカリするのでもし住むとすれば優先的に省きたい条件です。

あとはやはり交通が不便、交通があっても1日数本のバスとかだと住むには無理です。

周りにどれだけの種類の医者や病院があるかも必要です。

歳をとると病院が近くだと弱った体のために良いからです。

今は商店街がない土地が多いですが、私は商店街のような温かみのある場所に住みたいので大都会は嫌です。

 

中小業者で6月の引越し

6月の引越しは安いはずが高くなってしまい・・・助けてくれたのば某中小業者

去年の6月に引越しをしました。

この引越業者は、引越一括見積のサイトで、一番対応が良かったので決めさせていただきました。

見積に来られた方が、本当に他者とは比べものにならない位の破格値にしてくださって、尚且つその後の追加料金も無しで良いと言って下さいました。

ちょうど引っ越しシーズン真っ只中を過ぎた所だったのですが、こちらの希望を言うとどの業者さんもかなりお高めだったので、とても助かりました。

引っ越し当日も段取りがよく、何もかもスムーズに進み、2時間ばかりで積み込みが終わりました。

廃棄物も持って行っていただいたので、他の業者をお願いしなくても良かったので、とても助かりました。

関西圏から中国地方までの長距離でしたが、届く日にちも時間帯も変更なく、とても安心して任せておけました。

 

引越しの時に気をつけるべき事

引越しでは、捨てられなかった物を捨てられるチャンスと考えて、着なくなった服や、使わなくなった物を処分しましょう。

ただ単に捨てるのもいいですが、値がつきそうな物は、リサイクル業者へ持ち込んだり、家に来てもらうっていうのもありです。

冷蔵庫動くけど、新しいのに買い換えるし…なんてのはもってこい??冷蔵庫を開けてもらって、扉内側に薄いグリーンのシールが貼ってあってら、買取価値有りらしいです。

小さい物でも2、3000円は付けてくれます。

処分費が浮いて尚且つお小遣いが貰えるなんて、ラッキーです。

あとは、不要な本。

これもネットで完結してしまう物が多いので、ネット検索してみてください。

ダンボールに詰めて業者に送るだけで、査定が出ます。

本は捨てるのにも重いので一苦労ですから。

そうすれば、家の不要な物が片付いて、お小遣いまで稼げちゃうという美味しい事になりますので、皆さん是非試してみて下さい。

効率良く引越しをするコツ

引越しに役立つノウハウ集です


引越しノウハウ

先日(6月始め)に引越しをしたばかりです。

使わないものからダンボールにしまっていくとかでしょうか?

引越業者にダンボールをもらえるので、しまいながら「品名・どこに置くか(2Fの○○部屋とか)」を書いていました。

「アート引越センター」では食器・靴をそのまま入れられる箱を借りれるようでして、便利そうだなと思いました。安さでは「引越のサカイ」が一番だと思いますが、まずネットで相見積もりを取るのが良いと思います。作業時はなるべく作業を間近で見るようにするのが良いと思います。

 


引っ越しは人生で10回以上しているが、未だに慣れない。

できるなら、もう思い切って生もの以外は詰めれるうつにパッキングしておくといいかも。

引っ越し時に冷蔵庫、冷凍庫は空にしないといけないから、数日前から中身の消化に努め、食品は必要なものだけとか、常温保存のきくものなんかを購入するのがいいかも。

 


まずは捨てることから!この際、今までとっておいたもので、1年以上利用しないものは処分。つい、もったいないととっておきたくなるが、引っ越しの時は身の回りを整理して処分するいいチャンスだと思います。

当たり前かも知れませんが、段ボールには中に入っているものの明細を書き、どの部屋におくかも記入するとよいです。

最初に引っ越し先で、どこに何をどのように収納するか、シュミレーションしておくことが、とても役にたちました。

新しい部屋にはまず当日のうちに、カーテン、証明は必須でした。

台所、寝室、とエリアごとに片付けてそうじしていくのがやりやすかったです。

後は大事なのが体力!

引っ越し準備も大切ですが、その後の整理も大変なので、体調のコントロールも大事だと思いました。

 


とにかく冷徹に、不要な物は捨てて、古くなった物は買い換える!

手間を減らすことで引越しに要する労力と心労を減らすとすごく気楽です。

物を捨てるか捨てないかの判断のコツは、「○○年後にまだ大事にしているかどうか」をシミュレーションしてみること。

どうせ後で大事にしないような物なら、今捨てても同じ。

それなら今の労力を減らす方が得策です。

 

 

6月の引越し料金、なるべく安くすませる方法とは。

クロネコヤマトで引越しをした時に思った事

6月に引越しをクロネコヤマトで行いました。

営業さんも作業員さんもしっかりしていたのでとても気持ちの良い引越しが出来ました。

引っ越し先を見に行くときに、以下のことを気をつけると良いです。

 

 

回りにリサイクルショップがあるか確認しておくこと

近くにあるならそこで大型家電や家具などを買った方が荷物が減り、結果引っ越し代が安くなります。

私の場合は家電を持っていって、家具は近くで揃えようとしました。

その結果、リサイクルショップで家電も家具もリサイクルショップで尾根家の物を見つけました。

家族がいらっしゃらなくて、単身でしたら大物の荷物は引っ越し先で揃えて荷物を減らすことで引っ越し代を下げた方がお得かもしれません。

 

資源ごみの日を確認しておく

引っ越し時に出る大量の段ボール。

引っ越し日の次の日や次の週などで逃してしまうことが。

場所によっては資源ごみの日は月に一回、少ないと2ヶ月に一回などなので、気を付けておかないと長い間大量の段ボールが部屋をしめることになります。

引っ越し時はごみが沢山出るものなので、対処した方がいいかな?と思います。

基本的なことですが、荷物の整理は早めにやっておいた方が良いと思います。

サカイさんではダンボールを事前に持ってきてもらい、整理をしました。

もし荷物の整理を引越し日の前日にやったりして、ダンボールが全然足りない!なんてことになったら間に合わないので、

3日前には一通り引越しの準備を終わらせた方が良いと思います。

クロネコヤマトですが、ネットでの一括見積もりなど、工夫をするとかなり安く出来ます。

入力項目も少ないのでパソコン操作が苦手な方でも問題無く出来ると思います。

 

<<Link>>
クロネコヤマト引っ越し見積もりの正しい方法|最大半額まで下がります