子供がいる故の悩み(引越し関係のこと)

マンションに越してきてすぐの事でした。

うちには当時、幼稚園の子供が2人いました。

騒がしい時期です。

バタバタ走り回ったりします。

そんな時にすぐに管理会社を通して苦情がきました。

物音がうるさいと。

その時は、子供もしたいようにやらせていたので、うるさかっただろうなと、わたしも申し訳なく思い、そこから気をつけるようになりました。

マンション

少しでも走ると注意し、なるべく音を出さないように神経を使いました。
日中はなるべく外で遊ばせ、家の中にいる時は、静かに過ごさせるように、口うるさく注意しました。

ですが、そんなに注意して過ごしていて、もう苦情がくるような音など出さず子供たちにも我慢させて生活しているのに、また物音がうるさいや、テレビの音がうるさい、ゲームの音がうるさい、話し声がうるさいなど言われてきました。

下の人は普段テレビもつけないところのようで、同年代の子供ももってありますが、小学校お受験されるようなところで、ちょうど、お受験に失敗されたところだったみたいで、特に神経質なかたでこちらも精神的にまいりました。

家の中ではほんとに神経を使って、大きな物音を出さないように気をつけました。

子供たちにも口うるさく注意し、日中は外で遊ばせ、家ではご飯を食べてお風呂に入って、テレビを見て寝るくらいで、バタバタ走り回る様なことはさせないように、普通の子供の生活なら、もっと許せるような行動でも、子供たちには我慢させて、言われないように神経使いました。

喧嘩などで大きな声を出す時は、窓を締めたり、夜はテレビの音量を小さくするなど、こちらがノイローゼになりそうなほどに、神経使いました。

その方に外で会ったときは、すいません、いつもうるさくてご迷惑をおかけしまして、と、声を丁寧にかけて過ごしていたら、苦情も言ってこられなくなりました。

近隣ときまずくなった出来事

始まったのは半年前くらいだと思いますが鳥に餌付けすることです。

直接的ではなかったので関係あるかは分からなかったのですが鳥に餌付けをし始めてから、うちの家に鳥が巣を作り始め、洗濯物にはうんち。

悪いひと達ではなかったので自分達から直接言うこともできずに悩んでいました。

ただ、日が経てば経つほどに巣の数が多くなっていき、ついにはベランダ(洗濯を干すところ)にも巣を作ろうとしていて、黙って見ているなんてことはできませんでした。

朝早くと夕方に餌をあげていたため、早朝から鳥の鳴き声がひどく目が覚めてしまう毎日でした。

相手は私達がこんなに迷惑をしているなんて思ってもなかったと思います。

良くしてもらっていたからこそ何も言えませんでした。

ベランダのところに巣を作ろうとしているのを見て黙っていられず、大家さんに連絡しました。

隣の家とうちの家は大家さんが一緒なので解決できるのではと思いました。

大家さんは名を伏せ、鳥の餌付けのことは言ってくれたみたいです。

それからというもの、鳥は徐々に減っていき、朝も静かになりました。

鳥ごときで自分がこんなにイラつくとは思ってもいませんでしたが大家さんにはとても助けられたと思います。

ただ、それ以来、隣のひと達との会話は減り、気を使われる毎日です。

良いのか悪いのかは分かりませんが。

何かある度に「ごめんね」と謝ってきます。

私達からしたら鳥のことがなくなったのでイライラせずに済んでいますが。

近付きすぎずですね。

騒音問題をスマートに解決させるコツ

騒音については、1年程前です。

夜中の2時頃から音楽が大音量で流れており、かなりの期間続いたのでストレスにもなり言葉掛けを行いました。

更に、そのお家はカップルで住んでいたようで、夜中、朝方の大喧嘩も頻繁でした。

女性が大声で奇声を上げ、大音量の足音で家中を歩いているのでしょう。

うるさかったです。

隣人は、神経質な方なのか、家での会話、会話の中での笑い声がうるさいようで壁を叩く行為が今でも続いています。

こちらも気にしてはいますが、自分のお家なのにコソコソとしか会話が出来ない事にストレスを感じています。

一人暮らしの隣人にとってはこちらのうるささが迷惑なのかとも思いますのでどれが本当の正解なのか・・・と考えてしまいます。

家の壁が薄いというのも気になりますが、その中でどのように過ごしていくべきなのか改めて考える必要があると感じます。

 

 

騒音対策でおこなったこと

騒音

うるさくて我慢が出来なかった際には、直接言いに行きました。

1度言うと音楽等の騒音はなくなったように感じます。

ケンカはしかたないと言えばしかたないのでこちらが我慢していました。

今は別れてしまったようで女性の姿を見ていません。

騒音については、隣人からすると私たちが悪いようなのでうるさくしないように気にしてはいますが、こちらも彼氏と同棲をしていますので、会話が盛り上がってしまうときももちろんあります。

時間を考えて、会話等を楽しんでいます。

(11時くらいからはコソコソとお話しています。)

我慢出来なくなったら、一軒家等に引っ越しすればいいかな、と考えてはいますがなかなかうまくはいかない世の中です・・・。

引越し先が一軒家であっても色々ありますよね

とても広い庭がついているいくつか並んでいるうちのひとつの建売住宅を購入しました。

購入前は広い庭で何をしようかなどあれこれ考えていましたが、実際に住んでみると隣接する庭を仕切る共有フェンスが腰の低さほどしかなくプライバシーもない、バーベキューなど住宅街のためできるわけもない、お隣りさんが庭に出ている時はどの家も庭には出ないなど、まったく庭を活用できない状況になってしまいました。

引越し先

共有フェンスを高さのある目隠しになるようなものに替えたくても隣接する右側はお隣りの所有するフェンス左側のお隣りに隣接するフェンスは自分の所有するフェンスのためリフォームをお隣りと相談するにしても金銭的な面、影がどちらかにできてしまうなど、なかなか難しい状況だと分かりました。

積極的にお隣りに挨拶をしたり、話をしたり、どこか旅行に行く時は行く前に挨拶をしておいて旅行から帰ってきたら買っておいたお土産を渡す口実にお隣りと立ち話をしたりと、とにかく交流を深めようと努力しました。

その結果以前のお互いをいないものとしていた空気はある程度なくなり庭のガーデニングやウッドデッキを設置するなど、各家が少しずつですが庭に手をかける様になりました。

ですが、まだまだだれかが庭にいる時は外に出ないという謎の暗黙の了解は消えていません。

私が今回の事で学んだのは住宅街での庭の使いにくさ、現代のお隣り同士では醤油も借りられないどころか気を使って、顔を合わせることも避けている他人と自分に気がつきました。

 

6月の引越しをもっともっと良くするポイント!

6月の引越しに関わらず、新居のどの部屋にどの荷物を入れるかをしっかりと決める事が結構コツだと感じました。

当たり前のような事かも知れませんが、荷物をどこに配置するかを決めていない場合、引越し業者さんもどこにおけばよいか分からないので、新居に着いてからの作業の効率も悪くなります。

時には金額が高くなってしまうこともあり、せっかく6月故に安くなる料金があがる可能性があります。

さらに、自分で荷物をダンボール等から出すときに他の部屋に荷物をおかなければならない手間も発生します。

そういった意味で、新居での荷物の配置を把握する事は大事だと感じました。

あと、業者さんに荷造り作業を頼んでないのでその辺は無知なのですが、自分たちで荷造りをすることは結構いいかもしれません。

当然手間がかかる作業ですので、業者さんに頼んだほうがよいのかもしれません。

ですが、荷物を出すときに何がどのダンボールに入っているかを把握できる事は結構ありがたいです。

それは新居に移転する際、新しい家具を購入した場合に役に立ったりするからです。

実際転居して数日後に家具が届く場合、そこに入れる荷物などは、ダンボールの中に入れたままにしたほうが、家具の配置が決まっていない場合でも、どこに配置するか考えれるスペースを確保できます。

また、実際転居してすぐに使う道具などを先に出しておく作業もスムーズに行えます。

そういった意味で、荷造りを自分たちで行うのも結構悪くないと思います。

初めての6月引越し

人生初の引っ越しは6月でした。

料金は随分安くなったなーという印象。

6月はあまりお客さんが多くないようなので難関な交渉をしなくても安くなりますよ。

当日の感想ですが、【効率性】はとても良かったです。

しかし【イメージと違う】でした。

よくCMやTVドラマで見る爽やかさだったり、丁寧さが伝わってきませんでした。

引越し

入籍前の引っ越し、初めてのマンション住まい、初めての土地…私の勝手ですが、不安と希望、やる気に溢れていました。

そのギャップもあってか、引っ越し業者さん2人の態度が気になりました。

若手とベテランが黙々と、笑顔一つ見せず、こちらと目線も合わせてくれません。

慣れているからでしょうか、作業員通しの声掛けなどのコミュニケーションもほとんどありません。

作業が済むとベテランが「これで全部ですね」と軽い会釈をして、ササッとトラックに乗り、帰っていかれました。

仕事は【正確】です。

でも、私には何か欠けているように感じました。

再度、引越しをする予定ですが、住みたくない土地は騒音がする場所は嫌です。

住む場所によっては騒音タイプも違いますが、1番苦手なのが勝手に敷地に入り騒いだり、道路でスケボーやボール等で遊ぶ子供達です。

子供達は嫌いではないですが住むならやはり心が落ち着く場所が好ましいです。

静かだと思い引っ越した先がこれではガッカリするのでもし住むとすれば優先的に省きたい条件です。

あとはやはり交通が不便、交通があっても1日数本のバスとかだと住むには無理です。

周りにどれだけの種類の医者や病院があるかも必要です。

歳をとると病院が近くだと弱った体のために良いからです。

今は商店街がない土地が多いですが、私は商店街のような温かみのある場所に住みたいので大都会は嫌です。

 

中小業者で6月の引越し

6月の引越しは安いはずが高くなってしまい・・・助けてくれたのば某中小業者

去年の6月に引越しをしました。

この引越業者は、引越一括見積のサイトで、一番対応が良かったので決めさせていただきました。

見積に来られた方が、本当に他者とは比べものにならない位の破格値にしてくださって、尚且つその後の追加料金も無しで良いと言って下さいました。

ちょうど引っ越しシーズン真っ只中を過ぎた所だったのですが、こちらの希望を言うとどの業者さんもかなりお高めだったので、とても助かりました。

引っ越し当日も段取りがよく、何もかもスムーズに進み、2時間ばかりで積み込みが終わりました。

廃棄物も持って行っていただいたので、他の業者をお願いしなくても良かったので、とても助かりました。

関西圏から中国地方までの長距離でしたが、届く日にちも時間帯も変更なく、とても安心して任せておけました。

 

引越しの時に気をつけるべき事

引越しでは、捨てられなかった物を捨てられるチャンスと考えて、着なくなった服や、使わなくなった物を処分しましょう。

ただ単に捨てるのもいいですが、値がつきそうな物は、リサイクル業者へ持ち込んだり、家に来てもらうっていうのもありです。

冷蔵庫動くけど、新しいのに買い換えるし…なんてのはもってこい??冷蔵庫を開けてもらって、扉内側に薄いグリーンのシールが貼ってあってら、買取価値有りらしいです。

小さい物でも2、3000円は付けてくれます。

処分費が浮いて尚且つお小遣いが貰えるなんて、ラッキーです。

あとは、不要な本。

これもネットで完結してしまう物が多いので、ネット検索してみてください。

ダンボールに詰めて業者に送るだけで、査定が出ます。

本は捨てるのにも重いので一苦労ですから。

そうすれば、家の不要な物が片付いて、お小遣いまで稼げちゃうという美味しい事になりますので、皆さん是非試してみて下さい。

効率良く引越しをするコツ

引越しに役立つノウハウ集です


引越しノウハウ

先日(6月始め)に引越しをしたばかりです。

使わないものからダンボールにしまっていくとかでしょうか?

引越業者にダンボールをもらえるので、しまいながら「品名・どこに置くか(2Fの○○部屋とか)」を書いていました。

「アート引越センター」では食器・靴をそのまま入れられる箱を借りれるようでして、便利そうだなと思いました。安さでは「引越のサカイ」が一番だと思いますが、まずネットで相見積もりを取るのが良いと思います。作業時はなるべく作業を間近で見るようにするのが良いと思います。

 


引っ越しは人生で10回以上しているが、未だに慣れない。

できるなら、もう思い切って生もの以外は詰めれるうつにパッキングしておくといいかも。

引っ越し時に冷蔵庫、冷凍庫は空にしないといけないから、数日前から中身の消化に努め、食品は必要なものだけとか、常温保存のきくものなんかを購入するのがいいかも。

 


まずは捨てることから!この際、今までとっておいたもので、1年以上利用しないものは処分。つい、もったいないととっておきたくなるが、引っ越しの時は身の回りを整理して処分するいいチャンスだと思います。

当たり前かも知れませんが、段ボールには中に入っているものの明細を書き、どの部屋におくかも記入するとよいです。

最初に引っ越し先で、どこに何をどのように収納するか、シュミレーションしておくことが、とても役にたちました。

新しい部屋にはまず当日のうちに、カーテン、証明は必須でした。

台所、寝室、とエリアごとに片付けてそうじしていくのがやりやすかったです。

後は大事なのが体力!

引っ越し準備も大切ですが、その後の整理も大変なので、体調のコントロールも大事だと思いました。

 


とにかく冷徹に、不要な物は捨てて、古くなった物は買い換える!

手間を減らすことで引越しに要する労力と心労を減らすとすごく気楽です。

物を捨てるか捨てないかの判断のコツは、「○○年後にまだ大事にしているかどうか」をシミュレーションしてみること。

どうせ後で大事にしないような物なら、今捨てても同じ。

それなら今の労力を減らす方が得策です。

 

 

引越し先に向かない地域の特徴・まとめ

 

6月に引越しを予定していますが、小さな子どもがいるので、子どもを安全に外で遊ばせることのできる場所がないところは住みたくありません。その意味で治安が悪いところ、空気が悪いところ、工業地帯が近いところは住みたくない条件にあがります。

子どもの教育も考えると公立の小学校の学力レベルが低いところや児童数が極端に多い、少ないところも避けたいところです。

車の運転ができないので、公共交通機関の便が悪い、自家用車の保有がほぼマスト、というような地域にも住みたくないです。

 

住みたくない街は、とにかく工場などからの煙で匂いがきついところです。変な匂いで洗濯物が台無しになってしまいます。

オートレースなどの音も耐え難いです。

無音の電気バイクでレースしていただきたいと切に願います。

24時間自動車の音が絶えない、高速道路の近所や、ストップアンドゴーの多い交差点地獄の街や、改造自動車が集会する(ドリフト族)などの練習道路がある地域も住みたくありません。

公害全体がいや。

車の多いところや、スラム街風な街もいや。

どんなに安くても即再引越し対象です。

住みたくない地域について

高齢の人が多い現代ですが、お年寄りの住んでいる地域に焦点を当ててみると、周りが山に囲まれていて、生活必需品を購入しにいくにもかなり距離がある場所に住んでいる方もいらっしゃるようです。私が住むとしたら、病院やスーパーなどが自分で行くことができる範囲にないというのはとても心配です。

高齢になれば、自分で車を運転することも難しくなってくると思うので、バスや電車など公共交通機関が充実していることも大切なことだと思います。

6月の引越し料金、なるべく安くすませる方法とは。

クロネコヤマトで引越しをした時に思った事

6月に引越しをクロネコヤマトで行いました。

営業さんも作業員さんもしっかりしていたのでとても気持ちの良い引越しが出来ました。

引っ越し先を見に行くときに、以下のことを気をつけると良いです。

 

 

回りにリサイクルショップがあるか確認しておくこと

近くにあるならそこで大型家電や家具などを買った方が荷物が減り、結果引っ越し代が安くなります。

私の場合は家電を持っていって、家具は近くで揃えようとしました。

その結果、リサイクルショップで家電も家具もリサイクルショップで尾根家の物を見つけました。

家族がいらっしゃらなくて、単身でしたら大物の荷物は引っ越し先で揃えて荷物を減らすことで引っ越し代を下げた方がお得かもしれません。

 

資源ごみの日を確認しておく

引っ越し時に出る大量の段ボール。

引っ越し日の次の日や次の週などで逃してしまうことが。

場所によっては資源ごみの日は月に一回、少ないと2ヶ月に一回などなので、気を付けておかないと長い間大量の段ボールが部屋をしめることになります。

引っ越し時はごみが沢山出るものなので、対処した方がいいかな?と思います。

基本的なことですが、荷物の整理は早めにやっておいた方が良いと思います。

サカイさんではダンボールを事前に持ってきてもらい、整理をしました。

もし荷物の整理を引越し日の前日にやったりして、ダンボールが全然足りない!なんてことになったら間に合わないので、

3日前には一通り引越しの準備を終わらせた方が良いと思います。

クロネコヤマトですが、ネットでの一括見積もりなど、工夫をするとかなり安く出来ます。

入力項目も少ないのでパソコン操作が苦手な方でも問題無く出来ると思います。

 

<<Link>>
クロネコヤマト引っ越し見積もりの正しい方法|最大半額まで下がります